メスシリンダー(英語表記)〈ドイツ〉Meßzylinder

百科事典マイペディアの解説

メスシリンダー

直立して置けるようになった円筒形の目盛付容器。ガラス製またはプラスチック製が普通で,容量10ml〜2l程度。液体の大体の容積を測定するのに簡便で化学実験などで広く用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メスシリンダー【messcylinder】

下部に安定用の座をつけた目盛つきガラス円筒。目盛円筒ともいう。容量5ml程度のものから2l程度のものまである。液体測容器として科学実験用に広く用いられる。目盛のある部分の直径が目盛の単位に対して大きいので,容積測定の精度はかなり低く,したがって正確な測容には用いられない。おおよその容積測定に用いられるのが普通である。ガラス製のほかに,ポリエチレンその他の合成樹脂製のものもある。 一様な太さの円筒ではなくて,口の広がったもの,あるいはコップ型のものなどはメートルグラスといって,メスシリンダーとは区別するのが普通である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メスシリンダー【Messzylinder】

円筒形のガラス容器に目盛りをつけた体積計。主に液体の体積測定に用いる。液量計。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メスシリンダー
めすしりんだー
measuring cylindergraduated cylinder

側壁に目盛りを付した、液体の体積を測定する円盤状の台座をもつ円筒状の容器。通常はガラス製で、合成樹脂製のものもある。計量法で定められた体積計としては、内部容積を測定する受用(うけよう)であるが、化学実験では一定量の液体を粗い精度で分け取る出用(だしよう)に使われることが多い。受用の使用法としては、あらかじめ質量を測定した固体を、その固体を溶かさない液体を適量入れたメスシリンダーに沈め、液面の上昇から体積を求め、比重を測定する方法がある。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メスシリンダーの関連情報