コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メッケル軟骨 メッケルなんこつMeckel’s cartilage

世界大百科事典 第2版の解説

メッケルなんこつ【メッケル軟骨 Meckel’s cartilage】

脊椎動物の下あごにおいて,骨性骨格が形成される前に同じ場所に発生する左右1対の棒状の軟骨。これを発見したドイツの比較解剖学者メッケルJ.F.Meckel(1781‐1833)にちなむ名称。軟骨魚類においては,上あごの骨格は〈口蓋方形軟骨〉,下あごの骨格は〈下顎(かがく)軟骨〉という左右相称のU字形の軟骨で,上下を合わせて〈顎弓〉と呼び,顎骨をもたない段階の祖先動物のえらの骨格(内臓弓)が変形したものと考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のメッケル軟骨の言及

【あご(顎)】より

…鼻孔は両生類ではじめて口腔へ貫通する。下顎では,軟骨魚類の下顎軟骨と相同であるメッケル軟骨が終生維持されて骨格の一部をなす。もと魚類のえらの骨格だった舌顎骨は耳に入って耳小柱という音を伝達する小骨になる。…

【下顎骨】より

…下顎軟骨は退化しながらも存続しており,哺乳類では胎児期に一時現れたのち消失する。このように退化して残存している下顎軟骨を〈メッケル軟骨〉という。 下顎を上顎に結ぶ関節つまり顎関節は,爬虫類では頭蓋の方形骨と下顎の関節骨の間にあるが,哺乳類では鱗状骨(哺乳類では側頭骨という)と歯骨の間にある。…

【痕跡器官】より

…一方,無用となった器官に変異が大きいのは,自然淘汰がその変異には作用しないからであると解釈した。 四足動物の胚に一時痕跡的に現れる鰓囊(さいのう)や哺乳類の胚の下顎に現れるメッケル軟骨のように,成長後大部分が消失する痕跡器官は,ダーウィン流の考え方ではそれらを共有する動物群が共通の祖先をもつことの証拠である。また胚はあまり分化していない状態の動物とみなされ,その限りで祖先つまり魚類の構造を表しているのだとされる。…

【頭骨】より

…この仲間の動物では頭骨は軟骨頭蓋,口蓋方形軟骨がつくる上顎骨格,および下顎軟骨がつくる下顎骨格からなり,その後方に第2内臓弓である舌弓および数対のえらの骨格をなす内臓弓すなわち鰓弓(さいきゆう)からなる内臓骨格が連なるのである。骨が退化している肺魚類を除く硬骨魚類とそれ以上の脊椎動物では,胚期にのみこのような軟骨性骨格があり,成長とともにそれらのほとんどが完全に骨化する(ただし,両生類では下顎軟骨の前部はいわゆるメッケル軟骨として残存する)。硬骨魚類,両生類,爬虫類および鳥類では,下顎軟骨の後端部は骨化し,顎関節をつくる関節骨となる。…

※「メッケル軟骨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android