メッサピア語(読み)メッサピアご(英語表記)Messapic language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メッサピア語
メッサピアご
Messapic language

紀元前にイタリア南東端にいたメッサピイ人,イアピュゲス人などの言語。ギリシア文字で書かれた前6~1世紀の多くの碑文と,固有名詞などから知られる。インド=ヨーロッパ語族に属し,イリュリア語に近いといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メッサピアご【メッサピア語 Messapic】

インド・ヨーロッパ語族に属する言語。古代の南イタリアのアプリア,カラブリア地方に話されていた言語であるが,後にラテン語に吸収されてしまった。その資料はギリシア系の文字で書かれた300近い碑文で,年代は前6~後1世紀ころと推定されている。その多くは墓碑銘で,人名と思われる1語から成るものも多く,曲用(活用)などの全貌は明らかでない。その話し手は対岸のバルカン半島から移住してきたという古代からの伝承がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android