コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メツラー Lloyd Appleton Metzler

世界大百科事典 第2版の解説

メツラー【Lloyd Appleton Metzler】

1913‐80
アメリカの経済学者。カンザス州に生まれる。カンザス大学を経てハーバード大学に学ぶ。1942年以降しばらく政府機関に勤めたあと,46年イェール大学助教授,47年シカゴ大学準教授を経て49年同大学教授に就任。1940年代から50年代初めにかけて,一般均衡,国際貿易,雇用,貨幣・利子,景気循環など,経済学の広い分野にわたって,つぎつぎと独創的な理論的研究を発表,P.A.サムエルソンと並んで世界の学界をリードし,〈理論家中の理論家〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のメツラーの言及

【景気循環】より

…その代表がP.A.サミュエルソンのモデルである。またL.A.メツラーの在庫循環のモデルもこの型のものである。この場合,循環的変動が,時間とともに発散するか,同一運動(単弦振動)を繰り返すか,あるいは減衰してついには消滅するかのいずれかとなる。…

※「メツラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メツラーの関連キーワードL.A. メツラータイム・ラグ