コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メトイコイ metoikoi

2件 の用語解説(メトイコイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メトイコイ【metoikoi】

古代ギリシアの在留外人。単数形メトイコスmetoikos。語義は〈移住者〉もしくは〈(市民団と)ともに住む者〉。古典期ギリシア世界の多くのポリスに在留外人身分は存在したが,最もよく事情の判明するのはアテナイである。前6世紀末のケラメイコス出土の一墓碑銘に〈メタオイコスmetaoikos〉という語形で現れるのが現在まで知られる最古の事例である。アテナイの在留外人は一般の外人(クセノイ)とは異なり,国法によって生命財産を守られたが,あくまで市民団の枠外にとどまり,その支配下に置かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メトイコイ
めといこい
metoikoiギリシア語

古代ギリシア世界の在留外人。単数形はメトイコスmetoikosで、他の人間集団ないしは共同体のなかへの移動を意味する副詞メタmetaと、居住者を意味するオイコスoikosの合成語。「移住者」もしくは「市民団とともに住む者」を意味する。古典期のギリシア世界では、スパルタを顕著な例外として、多数の国々に在留外人身分が存在したが、もっとも事情のわかるのはアテネである。そこでは、クレイステネスの改革直後の紀元前506年ごろと推定される在留ナクソス人の墓碑銘に「メタオイコス」と読めるのが、現在知られる限り最古の事例である。前5世紀以降のアテネの在留外人は、保証人を介して居住権を認められ、アテネの国法によって生命や財産の安全を保障された反面、在留外人税(メトイキオン)(成年男子は年額12ドラクマ)を納付し、軍制・財政上の義務を負った。基本的には市民団の枠外の存在であって、参政権はなく、土地家屋の不動産所有権をも欠いた。彼らの活動分野は主として商工業の経済分野であっただけに、この不動産所有に関するメトイコイの権利無能力は、ポリス社会の封鎖的性格をもっともよく示しているといえる。[馬場恵二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメトイコイの言及

【アテネ】より

…ペロポネソス戦争直前のアテナイの奴隷人口は8万~10万と推定され,農業・商業・手工業・鉱山業の各分野で盛んに使役されたほか,家内の雑用,公文書の記録・保管,市中警備などにおいても,奴隷の働きにまつところが大きかった。 市民と奴隷に加え,第3の中間的な身分として古典期アテナイの社会構成に重要な意義を有したのが,在留外人(メトイコイ)である。彼らは自由身分の非市民で,アテナイ以外のポリス出身者のほか非ギリシア人をも含み,参政権はむろんのこと,不動産所有権からも疎外されながら,同時に人頭税を課され,さらに市民と同様の軍役に服した。…

【ギリシア】より

… このような政治過程のただ中で古典文明が開花したのであるが,その背後では,ポリス社会の衰退が社会のいろいろな分野に進んでいた。アテナイでは商工業の発展が著しく,これに伴って市民や在留外人(メトイコイ)の所有する製作所(エルガステリオン)において奴隷制が大規模となり,多数の奴隷をラウリオン銀山の採掘請負者に賃貸する者も現れたばかりでなく,中小農民による小規模奴隷制も発展した。しかし市民間の貧富の差も拡大し,土地を失う市民も増大した。…

※「メトイコイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メトイコイの関連キーワードアカイア人アテネギリシア人頭税伝記ギリシャ語ギリシャ哲学ギリシャ文字キュニコス学派トロイア戦争

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone