コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人頭税 じんとうぜいpoll tax

翻訳|poll tax

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人頭税
じんとうぜい
poll tax

担税能力とは無関係に国民各人に一律に同額を課する租税。古代から近世まで広く行われた原始的租税形態の一つで,代表的な悪税とされている。 18~19世紀に大部分廃止されたが,現在の近代的租税制度にも例外的に人頭税的性格をもつものがある。日本の住民税のうち均等割り部分は人頭税的性格をもつものとされているが,これは単なる租税徴収の手段だけではなく,地方公共団体の経費の一部を住民に平等に負担させることにより住民の自治意識を向上させる手段でもあるといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんとう‐ぜい【人頭税】

担税能力の差に関係なく、各個人に対して一律に同額を課する租税。にんとうぜい。

にんとう‐ぜい【人頭税】

じんとうぜい(人頭税)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

人頭税【じんとうぜい】

〈にんとうぜい〉とも。頭割で各個人に均等に課せられる原始的な租税。西洋では古代ギリシアでは在留外人に,ローマでは多く市民権をもたぬ者に課せられ,中世には農奴身分のみに課せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんとうぜい【人頭税】

各個人に頭割りに課す税をいう。ヨーロッパ諸語ではpoll tax(英語),Kopfzins(ドイツ語),capitation(フランス語)といい,いずれも〈頭〉を意味する語を含んでいる。人頭税に相当するものは古代ギリシアではメトイコイ(在留外人)から,またローマではコロヌスなどから徴収された(カピタティオ)。中世のヨーロッパでの人頭税は,領主が各領民に課し,その負担は隷属を示す身分的標識であった。しかし中国における人頭税は,身分税としての性格はなく,文字どおり各個人を対象とする頭割り税として理解できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じんとうぜい【人頭税】

担税力の差にかかわりなく、原則として各人に一律同額に課する税。

にんとうぜい【人頭税】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人頭税
じんとうぜい

1902年(明治35)まで沖縄に存在した租税賦課制度。起源は不明であるが、古琉球(りゅうきゅう)(中世)にさかのぼるとみる見解が有力である。近世では、まず村位を定め、人口調査に基づいて賦課対象となる年齢により、上(じょう)(21~40歳)、中(ちゅう)(41~45歳)、下(げ)(46~50歳)、下々(げげ)(15~20歳)の区分を行い、それぞれに定められた割合に応じて頭割りに租税を課した。沖縄全域で施行されたが、近世ではとくに宮古(みやこ)、八重山(やえやま)において、より直接的な形で施行されていた。その理由は、宮古、八重山に対しては米・粟(あわ)をもって納めるべき租税の一部を反布にかえて納めるよう義務づけていたためである。上納する反布はおもに女性に対して頭割りに課せられ、品質検査も厳しく、さまざまな悲話を生んだ。現在に伝わる宮古上布(じょうふ)や八重山上布、久米島紬(くめじまつむぎ)はその遺産である。琉球処分(1879)後もこの租税制度は温存されたが、宮古島人頭税廃止運動(1893~94)などの高揚により廃止されることとなり、1903年からは近代的税制度に切り替えられた。[高良倉吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の人頭税の言及

【沖縄[県]】より

…西表島と周辺海域は西表国立公園に指定されている。【田里 友哲】
【近代の歴史】

[人頭税廃止運動]
 ここでは琉球処分(1872‐81)以後について述べる。それ以前については〈琉球〉の項を参照されたい。…

【身丁銭米】より

…中国,五代から宋にかけて,主戸客戸を問わず,20歳から59歳まで,すべての成年男子に課された人頭税。〈丁口の賦〉として天下の五賦のひとつにあげられている。…

【トリブート】より

…スペイン植民地下のフィリピンで施行された人頭税制度。スペイン政庁はトリブート,ポーロpolo(強制労働)の二つの制度を用いて,フィリピン住民から過酷な収奪を行った。…

※「人頭税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

人頭税の関連キーワードワット・タイラーの乱ワットタイラーの乱バイト・アルマールアウラングゼーブポールタックス人頭税(西洋)多良間の豊年祭明和の大津波八重山上布トリブートユガティオ中村 十作城間 正安ハラージュイタリア権サヤーサン身丁銭米先島諸島農奴解放宮古上布

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人頭税の関連情報