コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メネンデス・イ・ペラーヨ メネンデス・イ・ペラーヨ Menéndez y Pelayo, Marcelino

2件 の用語解説(メネンデス・イ・ペラーヨの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メネンデス・イ・ペラーヨ
メネンデス・イ・ペラーヨ
Menéndez y Pelayo, Marcelino

[生]1856. サンタンデル
[没]1912. サンタンデル
スペインの批評家,文学史家。マドリード大学教授,国立図書館長を歴任。 19世紀の代表的な批評家で,主著は『スペイン異端者史』 Historia de los heterodoxos españoles (1880~82) ,『小説の起源』 Orígenes de la novela (1905~10) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メネンデス・イ・ペラーヨ
めねんですいぺらーよ
Marcelino Menndez y Pelayo
(1856―1912)

スペインの歴史家、文芸批評家。1878年22歳の若さでマドリード大学教授になり、そののち国立図書館長、言語アカデミー会員、歴史アカデミー会長などを歴任、文字どおりスペインの学界に君臨した。膨大な文献渉猟と博識に裏打ちされた批評活動は、およそ70巻にも及ぶ著作集に結晶している。それらはいずれも、スペイン文化研究者にとっていまなお無視できない里程標となっている。代表作には、初期の論争家としての風貌(ふうぼう)を伝える『スペインの科学』(1876)や『スペイン異端者史』(1880~82)、『スペインの美的観念の歴史』(1883~84)、より円熟味を加えた『小説の起源』(1905~10)などがある。[佐々木孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メネンデス・イ・ペラーヨの関連キーワード産炭サンタンオイルヘキサンサンタンデール飛んでるネアンデルタール麒麟淡麗<生>サントリーフーズサンデルフィスサンタンデール国際フェスティバルランタン炭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone