コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラノトロピン

栄養・生化学辞典の解説

メラノトロピン

 メラニン細胞刺激ホルモン色素細胞刺激ホルモンインテルメジンメラノサイト刺激ホルモンなどともいう.下垂体から分泌され,メラニン形成細胞を刺激するホルモン.β-リポトロピンという大きな分子の一部に組み込まれた形で存在する.ヒトでの作用の詳細はわかっていない.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

メラノトロピンの関連キーワードプロオピオメラノコルチン下垂体ホルモン

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android