コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリテリウム めりてりうむ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メリテリウム

モエリテリウム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メリテリウム
めりてりうむ
moeritherium
[学]Moeritherium

ゾウの仲間である長鼻類の一グループ(属)で、ゾウの先祖の一つとされている。始祖象ともいう。北アフリカのエジプト、アルジェリア、マリ、リビアの各地で、始新世後期から漸新世初期(約4000万~3000万年前)の地層から化石が発見されている。20世紀のはじめ、最初に発見されたカイロ南西約60キロメートルのファイユーム盆地にある古い湖のメリ湖の名前から、メリ(Moeri)の獣(therium)という名前がつけられた。いまのゾウとは異なって、肩の高さは70センチメートルほどで、大形のブタか、小形のバクぐらいの大きさで、頭はやや長く、胴長の哺乳(ほにゅう)動物であった。鼻は短かったが、切歯は大きく牙(きば)状であり、全体の体の形は現生のコビトカバによく似ていて、水陸両用の生活をしていたと考えられている。
 現在のゾウたちの先祖にあたるものとされたこともあるが、むしろゾウの先祖を含む古い哺乳類のグループの一つとして扱われている。体の構造からみて、系統的には絶滅哺乳類のデスモスチルスのような束柱(そくちゅう)類、ジュゴンなどの海牛(かいぎゅう)類、ハイラックスなどの岩狸(いわだぬき)類に系統的に近いともされていて、それらに共通な先祖のなかにゾウの起源が求められている。
 メリテリウムのようなゾウの先祖の仲間には、北アフリカから出土する化石として知られているものが多い。一番古いものとしては、およそ6000万年前の暁新世(ぎょうしんせい)後期の地層からみつかったフォスファテリウムPhosphatheriumというものがあり、これは長鼻類の最古の先祖であるとともに、有蹄(ゆうてい)類全体の先祖であるともされている。このほか、ヌミドテリウムNumidotherium、バリテリウムBarytherium、デイノテリウムDeinotheriumなどがあるが、それらは断片的な化石でしか知られていないので、長鼻類のなかでの位置づけや相互関係については明らかでない。なお、パキスタンやインドで化石として知られているアントラコブネAnthracobuneというグループにもそのような長鼻類の先祖の一つがあるとされている。[亀井節夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のメリテリウムの言及

【ゾウ(象)】より

…長鼻類の起源は6000万年前より古く,白亜紀末ないし暁新世の原始的な有蹄類である髁節(かせつ)類に求められる。しかし,化石で知られる最古のものは,始新世後期,4000万年前のメリテリウムMoeritheriumである。化石としてエジプトのファユームで最初に発見されたこの動物には,その地域の湖の古名であるメリ湖の名がつけられた。…

【長鼻類】より

… 次の6科がある。もっとも原始的なのはアフリカの始新世~漸新世のメリテリウム科(メリテリウムMoeritherium)で切歯が上に3対,下に2対,上あごに犬歯があり,バク大で四肢と鼻が短く,骨格はカイギュウ目に近い。アフリカ,ユーラシアの中新世~更新世から知られるデイノテリウム科(デイノテリウムDeinotherium)は切歯が下あごにだけ1対あり,下後方に向かう。…

※「メリテリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メリテリウムの関連キーワード怪獣

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android