コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めり メリ

2件 の用語解説(めりの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

めり[助動]

[助動][○|(めり)|めり|める|めれ|○]動詞型活用語の終止形、ラ変型活用語の連体形に付く。
目で見た事柄に基づいて判断・推量する意を表す。…のようだ。…のように見える。…のように思われる。
「つばくらめ子産まむとする時は、尾をささげて七度めぐりてなむ、産み落すめる」〈竹取
断定を避けて婉曲(えんきょく)的に表現する意を表す。…のようだ。…らしい。
「さらば今日こそは限りなめれ」〈・帚木〉
[補説]「見あり」または「見えあり」の音変化か。視覚的に判断する性質が原義であるといわれる。平安中期・後期の散文に盛んに用いられ、特に会話の中に多く使われたが、連用形は「き」「けり」「つ」に連なるだけであまり多く使われない。ラ変型活用語への接続形は、「あ(ん)めり」「な(ん)めり」「た(ん)めり」「べか(ん)めり」となることが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

めり

( 助動 ) ( ○ ・ (めり) ・めり ・める ・めれ ・○ )
推量の助動詞。用言・助動詞の終止形に付く。ただし、ラ変の動詞およびこれと同じ活用型の語には連体形に付くが、ラ行の語尾を脱した形で書かれることが多い。
目の前の状況から判断・推量することを表す。…と見える。…ように見うけられる。 「すだれすこし上げて、花奉るめり/源氏 若紫」 「あはれにいひ語らひて泣くめれど、涙落つとも見えず/大鏡 」 「ちぎり置きしさせもが露を命にてあはれ今年の秋も去めり/千載 雑上
婉曲に表現するのに用いる。はっきり断定しないで遠まわしに言い表す。…ようだ。…ように思われる。 「少納言の乳母めのととぞ人いふめるは、この子の後見うしろみなるべし/源氏 若紫」 「いでやこの世に生まれては、願はしかるべき事こそ多かめれ/徒然 1」 〔 (1) 語源については、「見あり」あるいは「見えあり」の転などの説がある。 (2) 推定の助動詞「なり」が聴覚的であるのに対し、「めり」は視覚的であるといわれる。 (3) 連用形「めり」は助動詞「き」「つ」「けり」に続くものだけで、用例は少ない。「北の方宝と思ひためりき/落窪 3」 (4) ラ変の動詞およびこれと同じ活用型の語に付くとき、「あめり」「なめり」などと、ラ行の語尾を脱した形で書かれていることが多い。これは「あんめり」「なんめり」などと、撥音便で「ん」となった部分が表記されなかったものと考えられる。 (5) この語は中古になって盛んに用いられるようになるが、和歌には用例がきわめて少なく、また、漢文訓読文にも用いられない。口語的なものであったと考えられる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

めりの関連キーワードあめりあんめりざめりしめるためりたんめりなめりべかめりメリノー[種]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

めりの関連情報