コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリト酸 メリトさんmellitic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メリト酸
メリトさん
mellitic acid

ベンゼンヘキサカルボン酸のこと。化学式 C6(COOH)6 。ベンゼンの6個の水素原子が6個のカルボキシル基で置換された構造の六塩基酸。黒鉛木炭を硝酸中で加熱酸化すると生成する。針状晶。融点 286~288℃ (分解) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メリトさん【メリト酸 mellitic acid】

ベンゼンの6個の水素原子がすべてカルボキシル基で置換された構造をもつベンゼンヘキサカルボン酸のこと。天然には,アルミニウム塩の形で褐炭層中の蜜蠟石melliteとして存在する。融点285~287℃の絹のような針状晶。水,エチルアルコールに可溶。蒸留すると無水ピロメリト酸と二酸化炭素に分解し,塩化アセチルや塩化ベンゾイルと熱すると無水メリト酸になる。(化学式)木炭や黒鉛を硝酸で酸化すると得られる。【井畑 敏一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android