コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンデリソン メンデリソン Mendel'son, Lev Abramovich

2件 の用語解説(メンデリソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンデリソン
メンデリソン
Mendel'son, Lev Abramovich

[生]1899
[没]1962
ソ連の経済学者。ロシア革命中に共産党へ入党,1920年志願兵として反革命軍と戦い,内戦終了後赤色教授学院卒業。ゴスプラン経済研究所世界経済世界政治研究所で研究に従事。第2次世界大戦に従軍,戦後は世界経済国際関係研究所などで研究活動に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メンデリソン
めんでりそん
Лев Абрамович Мендельсон Lev Abramovich Mendel'son
(1899―1962)

ソ連の経済学者。産業恐慌の歴史と理論の研究で知られている。1918年ロシア革命のなかで共産党に入り、兵士として反革命軍と戦う。第二次世界大戦時にも前線で軍務についた。内戦終息後、ゴスプラン経済研究所で研究活動を始め、その死に至るまで世界経済世界政治研究所、世界経済国際関係研究所にあって資本主義経済の再生産、恐慌、循環の問題について研究を続けた。主著『恐慌の理論と歴史』全3巻(1959~64)は、1825年の最初の循環性恐慌から第一次大戦後の1920年恐慌まで11の循環を摘出して分析しており、バルガ、トラハテンベルグの研究とともにマルクス経済学の恐慌史研究の貴重な文献となっている。その研究の特徴は、それぞれの恐慌の個別的特殊性とともにその統一的同一性を明らかにし、世界的な統一循環として資本主義経済の循環的発展を叙述している点にある。ほかにバルガとの共著『帝国主義論にかんする戦後の新資料――統計的評注』(1936)がある。[名和献三]
『堀江邑一訳『帝国主義論にかんする戦後の新資料』(1954・大月書店) ▽飯田貫一他訳『恐慌の理論と歴史』正続6分冊(1960~67・青木書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンデリソンの関連キーワード階乗NエヌN末端残基de Thou,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone