コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクアイカウア教会 モクアイカウアきょうかい

2件 の用語解説(モクアイカウア教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

モクアイカウアきょうかい【モクアイカウア教会】

アメリカのハワイ州ハワイ島、コナの中心地にあるプロテスタント教会。1820年にハワイ州で最初に建てられた教会の壁は、溶岩と珊瑚礁でできていて、白い尖塔とともに印象深い外観が町の象徴的な存在になっている。内部は歴史の重みを感じさせる造りで、木材はすべて島のものが使われている。教会の前の庭にはハイビスカスなどの熱帯植物が生い茂り、トロピカルムードにあふれている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モクアイカウア‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【モクアイカウア教会】

Mokuaikaua Churchハワイ島西部の都市カイルアコナにある教会。アリイ通りをはさんでフリヘエ宮殿相対する。1820年代にハワイ初の教会として会衆派により建造。現在みられる教会堂は1837年に建てられたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone