コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モジゴケ Graphis

世界大百科事典 第2版の解説

モジゴケ【Graphis】

おもに樹皮上に生じるモジゴケ科の固着地衣。共生藻は緑藻のスミレモ属。子器は細長く伸びて多少分枝し,文字を書いたような外観となる。黒色の果殻をもち,胞子は無色多室で横の隔膜がある。果殻の両わきにそって溝をもち,国内に広く分布するセスジモジゴケG.proserpens Vain.をはじめ,日本には7種がみられる。【柏谷 博之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モジゴケ
もじごけ / 文字苔
[学]Graphis scripta Ach.

地衣類モジゴケ科の1種。各種の落葉樹の樹幹に生え、かさぶた状の灰白色を呈し、樹皮の上に薄く広がる。子器は黒色の線状で目だち、長さ2~3ミリメートル、やや盛り上がって不規則に屈曲する。分布は世界各地と広い。
 モジゴケはモジゴケ属Graphisの総称名でもある。モジゴケ属は世界中に約400種が知られ、日本には約20種が分布する。もっとも普通にみられるのは前出のモジゴケであるが、ほかにコモジゴケG. intricata、ニセモジゴケG. handeliiなどがある。両種ともモジゴケによく似ており、同じように樹皮に着生し、黒色線状の子器をもつ。これらの種の分類には、子器の構造や胞子の形態が使われる。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone