コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モジゴケ Graphis

2件 の用語解説(モジゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モジゴケ【Graphis】

おもに樹皮上に生じるモジゴケ科の固着地衣。共生藻は緑藻のスミレモ属。子器は細長く伸びて多少分枝し,文字を書いたような外観となる。黒色の果殻をもち,胞子は無色多室で横の隔膜がある。果殻の両わきにそって溝をもち,国内に広く分布するセスジモジゴケG.proserpens Vain.をはじめ,日本には7種がみられる。【柏谷 博之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モジゴケ
もじごけ / 文字苔
[学]Graphis scripta Ach.

地衣類モジゴケ科の1種。各種の落葉樹の樹幹に生え、かさぶた状の灰白色を呈し、樹皮の上に薄く広がる。子器は黒色の線状で目だち、長さ2~3ミリメートル、やや盛り上がって不規則に屈曲する。分布は世界各地と広い。
 モジゴケはモジゴケ属Graphisの総称名でもある。モジゴケ属は世界中に約400種が知られ、日本には約20種が分布する。もっとも普通にみられるのは前出のモジゴケであるが、ほかにコモジゴケG. intricata、ニセモジゴケG. handeliiなどがある。両種ともモジゴケによく似ており、同じように樹皮に着生し、黒色線状の子器をもつ。これらの種の分類には、子器の構造や胞子の形態が使われる。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モジゴケの関連キーワード地衣類梅の樹苔兜苔猿麻桛銭苔花苔リトマス苔泡苔大杉蘚地図苔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone