コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスソガイ モスソガイVolutharpa ampullacea perryi; ample fragile buccinum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モスソガイ
Volutharpa ampullacea perryi; ample fragile buccinum

軟体動物門腹足綱エゾバイ科。殻高 5.2cm,殻径 3.5cm。殻は薄質でもろく球卵形,螺塔は小さく,螺層は5階でふくらみ,体層ははなはだ大きく丸い。殻表は乳白色で,灰黄色の殻皮でおおわれる。殻口は大きく広く,外唇は丸く,縁は多少厚くなる。水管溝は広く,背方へ浅く湾入する。軟体の足の後方に非常に小さいふたがあるが,しばしば脱落し欠く。ペリーが来日した際に採集された標本に基づいて新種記載されたので,ペルリボラとも呼ばれる。また足が大きいのでベロツブともいう。伊勢湾,東京湾などの内湾や東北,北海道に分布し,水深 20~60mの砂泥底にすむ。食用。原種ヒメモスソガイ V.ampullaceaは,小型で螺塔が多少高く,北海道からアメリカ西岸に分布する北方型である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone