コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モチーカ文化 モチーカぶんかMochica culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モチーカ文化
モチーカぶんか
Mochica culture

アンデス文明の古典期文化 (前 200頃~後 1000頃) の一つ。ペルー北海岸のモーチェ,チカマ河谷に発達した。巨大な日干し煉瓦ピラミッド,砂漠を耕地に変える灌漑工事,写実的な象形壺などに特色がある。特に土器は型にはめて大量生産され,戦闘,狩猟,祭祀,日常生活の情景も克明に描かれていて,当時の風俗習慣を知るうえで貴重な資料となっている。社会的な身分の違いや,男女の分業化が進み,侵略的な戦争も行われたらしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

モチーカ文化の関連キーワードアメリカ古典期文化チムー文化インカ文明

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android