コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モナルダ モナルダ Monarda; horsemint; wildbergamot

4件 の用語解説(モナルダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モナルダ
モナルダ
Monarda; horsemint; wildbergamot

シソ科モナルダ属の総称。北アメリカからメキシコにかけて 12種が分布する一年草または多年草。多くの種にハッカに似た香りがあり,かつて北アメリカの移住者は,茶葉の代りに用いたという。単葉が対生し,花冠は2唇形の筒状花で,王冠のような輪散花序を形成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モナルダ

北米原産のシソ科の一属で,十数種がある。一年草または多年草。タイマツバナはこの属の最もポピュラーな種。多年草で,高さ50〜100cmになり,7〜8月,茎頂に多数の花が頭状にかたまってつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モナルダ【horsemint】

シソ科の耐寒性多年草。北アメリカ原産で約20種が知られているが,次の2種が観賞植物として多く栽培される。タイマツバナM.didymaL.(英名Oswego tea,bee balm)(イラスト)は北アメリカ原産で,草丈60~90cm。四稜形の茎を直立し,葉は鋭尖頭の披針形葉を対生する。8~9月ころ,茎頂とその近くの節に緋紅色唇形花を密な頭状に集め,放射状に咲かせ,そのようすが松明の燃えるようなところから和名がついた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モナルダ
もなるだ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モナルダの関連キーワードアカンサスクサキョウチクトウニーレンベルギアアゲラタムトラデスカンティアアメリカ撫子トウワタハナトラノオユウギリソウユウゼンギク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モナルダの関連情報