コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジガイ モミジガイ Astropecten scoparius

3件 の用語解説(モミジガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モミジガイ
モミジガイ
Astropecten scoparius

棘皮動物門ヒトデ綱顕帯目アストロペクテン科。腕長 8.5cm内外の5本の腕をもち,背面は淡青色あるいは淡褐色を呈する。各腕の周縁にはっきりした縁板が密に並んでいる。管足に吸盤がなく,砂中の小動物を食べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モミジガイ

棘皮(きょくひ)動物モミジガイ科のヒトデ。腕は5本で長さ5〜6cm。白色の縁板で縁取られ,とげがある。幼貝の背面は灰青色だが,成長すると淡褐色にもなる。腹面は白色。
→関連項目ヒトデ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モミジガイ
もみじがい / 紅葉貝
[学]Astropecten scoparius

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱モミジガイ科に属する海産動物。もみじの葉または星のバッジのような形のヒトデ。腕長4~6センチメートル。腕の側面は敷石のように規則正しく並んだ四角形の小板で縁どられる。背面は青灰色または淡褐色で、腹面は淡黄色。浅海の砂泥中に群生し、砂泥中の小動物を摂食する。産卵期は6月。北海道南西部から九州沿岸まで分布する。本種と同様の分布を示す近縁種に、腕が短くて幅広いヒラモミジガイA. latespinosusと、腕の側面に鋭い棘(とげ)をもつトゲモミジガイA. polyacanthusがある。沖縄産のカスリモミジガイArchaster typicusは、繁殖期になると雄が雌の上にのりかかるという変わった習性をもつ。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モミジガイの関連キーワードパースペクティブアミロペクチンエゾヒトデ棘皮動物蜘蛛海星動物界レトロスペクティブASTROB魚介類ヒトデ(海星∥人手)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モミジガイの関連情報