コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モミジガイ Astropecten scoparius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モミジガイ
Astropecten scoparius

棘皮動物門ヒトデ綱顕帯目アストロペクテン科。腕長 8.5cm内外の5本の腕をもち,背面は淡青色あるいは淡褐色を呈する。各腕の周縁にはっきりした縁板が密に並んでいる。管足吸盤がなく,砂中の小動物を食べる。日本各地の浅海の砂底に普通にみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モミジガイ

棘皮(きょくひ)動物モミジガイ科のヒトデ。腕は5本で長さ5〜6cm。白色の縁板で縁取られ,とげがある。幼の背面は灰青色だが,成長すると淡褐色にもなる。腹面は白色。北海道〜九州からアフリカ東岸,紅海まで分布し,浅海の砂泥底に普通。
→関連項目ヒトデ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モミジガイ
もみじがい / 紅葉貝
[学]Astropecten scoparius

棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱モミジガイ科に属する海産動物。もみじの葉または星のバッジのような形のヒトデ。腕長4~6センチメートル。腕の側面は敷石のように規則正しく並んだ四角形の小板で縁どられる。背面は青灰色または淡褐色で、腹面は淡黄色。浅海の砂泥中に群生し、砂泥中の小動物を摂食する。産卵期は6月。北海道南西部から九州沿岸まで分布する。本種と同様の分布を示す近縁種に、腕が短くて幅広いヒラモミジガイA. latespinosusと、腕の側面に鋭い棘(とげ)をもつトゲモミジガイA. polyacanthusがある。沖縄産のカスリモミジガイArchaster typicusは、繁殖期になると雄が雌の上にのりかかるという変わった習性をもつ。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モミジガイの関連キーワードモミジガイ(紅葉貝)ヒトデ(海星∥人手)紅葉貝フグ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android