モルドヴァ(英語表記)Moldova

旺文社世界史事典 三訂版「モルドヴァ」の解説

モルドヴァ
Moldova

黒海北西部のウクライナルーマニアに接する地域および共和国の名称。首都キシニョフ
かつてベッサラビアと呼ばれ,14世紀にモルダヴィア公国が創立され,16世紀にオスマン帝国の支配下にはいった。18世紀後半からオスマン帝国とロシアの係争地となり,クリミア戦争以降(1856)ワラキアと合併し,ルーマニアに編入される。しかし,第一次世界大戦後,ソ連はこれに反対して,ウクライナ共和国の一部にモルダヴィア自治共和国をつくり,1940年にベッサラビアと北ブコビナをルーマニアから奪い,自治共和国の一部と合わせてモルダヴィア社会主義共和国とし,ソ連の構成国となった。ソ連末期の1991年5月,国名をモルドヴァ共和国に変更し,8月に独立を宣言,12月に独立国家共同体CIS)創設協定に調印。1992年3月国連に加盟。しかし,国内にルーマニア系モルドヴァ人とロシア系住民との民族対立を抱えている。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android