コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モローニ Moroni, Giovanni Battista

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モローニ
Moroni, Giovanni Battista

[生]1525頃. アルビーノ
[没]1578.2.5. ベルガモ
イタリアのロンバルディアの画家。モレット・ダ・ブレシアに師事し,ベネチア派の影響も受けた。特に肖像画に優れた才能を発揮し,冷静で緻密な観察による性格描出が,厳しいリアリズムと金属的な彩賦法による堅固な技法に支えられ,この分野で多くの傑作を残した。今日モローニの作品は,ミラノはもとより,イギリスのロンドン,ドイツのベルリンドレスデンなどヨーロッパ各地にみられ,『アントニオ・ナバジェロの肖像』(1565,ブレラ絵画館),『仕立屋』(1571頃,ロンドン・ナショナル・ギャラリー)などが名高い。宗教画の作品も少なくないが,肖像画ほどの卓越性は認められない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モローニ
もろーに
Giovanni Battista Moroni
(1520ころ―1578)

イタリアの画家。北イタリアのベルガモ近郊のアルビーノで生まれ、ブレッシアで肖像画家として名高いモレットの弟子となる。初めはブレッシア、のちにはベルガモで制作にあたったが、その作品は宗教画と肖像画に大別できる。宗教画は当時の反宗教改革の精神に対する共感を示した、単純素朴な構成と写実的描写を特徴とし、あまり創造性のない作品が多い。それに対して肖像画には、ロンバルディアの風土に根ざす、日常的な現実感に息づく深みのある人間描写がみられ、優れた作品が少なくない。彼が16世紀北イタリアの代表的画家の一人とみなされるのは、こうした肖像画群によってで、それらは今日、北イタリアの諸美術館をはじめ、ロンドンやニューヨークの美術館に収められている。[石鍋真澄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モローニの関連キーワードアカデミア・カラーラ松下奈奈

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モローニの関連情報