モンゴウイカ

  • もんごういか / 紋甲烏賊

百科事典マイペディアの解説

もとはカミナリイカの市場名。軟体動物コウイカ科。体長25cm,背面に眼状紋が多数あるので紋甲イカの名がある。本州〜九州に分布し,南日本に多い。生食のほか,するめなどにする。なお,近年市場でモンゴウイカといわれるものは,主としてアフリカ西岸で漁獲されるヨーロッパコウイカアデン湾トラフコウイカであることが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本来は軟体動物門頭足綱コウイカ科に属するカミナリイカSepia lycidasの市場名であったが、近年はアフリカなどの遠洋で漁獲される同科の大形のコウイカ類(たとえばヨーロッパコウイカS. officinalis、トラフコウイカS. pharaonisほか)などにも用いられる。

[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンゴウイカの関連情報