コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンゴウイカ

百科事典マイペディアの解説

モンゴウイカ

もとはカミナリイカの市場名。軟体動物コウイカ科。体長25cm,背面に眼状紋が多数あるので紋甲イカの名がある。本州〜九州に分布し,南日本に多い。生食のほか,するめなどにする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンゴウイカ

カミナリイカ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンゴウイカ
もんごういか / 紋甲烏賊

本来は軟体動物門頭足綱コウイカ科に属するカミナリイカSepia lycidasの市場名であったが、近年はアフリカなどの遠洋で漁獲される同科の大形のコウイカ類(たとえばヨーロッパコウイカS. officinalis、トラフコウイカS. pharaonisほか)などにも用いられる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モンゴウイカの関連キーワードモンゴウイカ(紋甲烏賊)成長期に食べさせたい食品トロール漁業イカ(烏賊)雷烏賊甲烏賊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android