モンゴウイカ

百科事典マイペディアの解説

モンゴウイカ

もとはカミナリイカの市場名。軟体動物コウイカ科。体長25cm,背面に眼状紋が多数あるので紋甲イカの名がある。本州〜九州に分布し,南日本に多い。生食のほか,するめなどにする。なお,近年市場でモンゴウイカといわれるものは,主としてアフリカ西岸で漁獲されるヨーロッパコウイカアデン湾トラフコウイカであることが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンゴウイカ
もんごういか / 紋甲烏賊

本来は軟体動物門頭足綱コウイカ科に属するカミナリイカSepia lycidasの市場名であったが、近年はアフリカなどの遠洋で漁獲される同科の大形のコウイカ類(たとえばヨーロッパコウイカS. officinalis、トラフコウイカS. pharaonisほか)などにも用いられる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンゴウイカの関連情報