モン・サン・ミシェル(読み)もんさんみしぇる(英語表記)Mont-Saint-Michel

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランス北西部、マンシュ県、コタンタン(ノルマンディー)半島南岸の海中にある、壮大な修道院をのせた小島で、同国最大級の観光地、巡礼地。島は遠浅のモン・サン・ミシェル湾内にあり、円錐(えんすい)形、花崗岩(かこうがん)質で、周囲900メートル、高さ約80メートル。修道院は平均海面上約150メートルの高さで、8~16世紀建築のロマネスク、ゴシック、ルネサンス各時代の様式をもつ。19世紀後半に海岸部との間が堤防で結ばれ、以来、歴史建造物に指定されたが、それ以前は一時監獄として用いられた。潮汐(ちょうせき)の差が激しく、満潮時には島周辺の露出していた海底が急速に海水に覆われ、島が海中に孤立していくようすがみられる。1979年に修道院と湾は世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産)。

[高橋伸夫]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android