コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーニケ Mohnike, Otto Gottlieb Johann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーニケ
Mohnike, Otto Gottlieb Johann

[生]1814.7.27.
[没]1887.1.26.
ドイツ人でオランダ陸軍軍医。 1844年バタビアに行き,48年に長崎出島の商館付き医師として来日した。 49年にバタビアからオランダ船の舶載した牛痘苗を日本人の子供3人に接種して善感,また,佐賀藩主鍋島直正 (閑叟) の要望によって同藩医に種痘法を伝え,かつ実施したが,以後各藩もこれにならった。翌年最後の江戸参府に随行したおり,通詞品川藤兵衛がモーニケの聴診器を知ってこれを模造し蘭方医杉田成卿に贈り,杉田はこれによって『聴胸器用法略説』 (1850) を著わした。 69年バタビアを経てドイツに帰国。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

モーニケ

ドイツ人のオランダ陸軍軍医。出島蘭館医師として1848年来日,翌年日本人に種痘を試みて成功。日本人医師に種痘法を教え,また佐賀藩主の要請で同藩に種痘を伝えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーニケ
もーにけ
Otto Gottlieb Johann Mohnike
(1814―1887)

長崎出島のオランダ商館医師。ドイツのストラルズンドの生まれ。1848年(嘉永1)から1851年まで出島の商館医師を務めたが、来日のおり牛痘漿(とうしょう)を持参し、通詞(つうじ)の子供に接種したが不成功であった。翌1849年7月オランダ船が牛痘痂(とうか)をもたらしたので、これを通詞の子供に接種し成功した。これ以後、長崎滞在の諸藩の医師や町医者に牛痘法が伝授され、ついで江戸、京都、大坂はじめ各地に伝えられた。また初めて日本へ聴診器をもたらした。1851年9月離日。[中山 沃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モーニケの関連キーワード日本の医学史(年表)オランダ医学三宅董庵楢林宗建ブルック笠原白翁桑田立斎前田信輔前田元温柴田方庵日野鼎哉長与俊達高橋春圃吉雄圭斎

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android