コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーペルチュイ モーペルチュイMaupertuis, Pierre-Louis Moreau de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーペルチュイ
Maupertuis, Pierre-Louis Moreau de

[生]1698.9.28. サンマロ
[没]1759.7.27. バーゼル
フランスの数学者,天文学者。若い頃軍隊にいたが,その後数学教師となる。科学アカデミー会員 (1731) 。 1736年ラップランド遠征隊長として地球の曲率の測定にあたり,地球が扁平であることを立証してニュートン力学の確立に寄与した。その功でベルリン科学アカデミー会員 (41) ,さらに同会長 (45~53) 。 44年モーペルチュイの原理を発見。のちに最小作用の原理へと一般化され,解析力学発展の基礎となった。主著『宇宙論』 Essai de cosmologie (50) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーペルチュイ
もーぺるちゅい
Pierre Louis Moreau de Maupertuis
(1698―1759)

フランスの数学者、天文学者。サン・マロに生まれ、16歳でパリに出て、主として数学に熱中し、1723年「楽器の形状について」の論文で科学アカデミーの会員に選ばれた。1728年イギリスに渡り、ニュートン力学を学んで、これをフランスに取り入れ、数学・力学の発展に寄与した。1735年、地球の形状を確かめるための観測隊が、南アメリカのペルーと北極圏ラップランドに派遣されるにあたり、自ら隊長となってラップランドに行き、地球が偏平(へんぺい)であることを明らかにした。これはすでにニュートンの理論から予想されていたことで、ニュートン理論のいっそうの普及をもたらした。1745年、ドイツ科学アカデミーの招きに応じ、総裁に就任し、14年間その任を務めて故郷に帰った。業績の最たるものは1744年に「最小作用の原理」を導出したことで、力学の基礎原理を発見したことになる。[島村福太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モーペルチュイの関連キーワードハミルトンの原理(最小作用の原理)ボルテール(年譜)天文学史(年表)モーペルテュイ自然の体系ボルテール9月28日セルシウスクレローポアチエ後成説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android