コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤズイコフ ヤズイコフ Yazykov, Nikolai Mikhailovich

2件 の用語解説(ヤズイコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤズイコフ
ヤズイコフ
Yazykov, Nikolai Mikhailovich

[生]1803.3.16. シンビルスク
[没]1847.1.7. モスクワ
ロシアの詩人。 A.プーシキンの影響のもとにパトスに満ちた詩を書いたが,晩年にはスラブ派的傾向を深めた。代表作『プーシキンの乳母へ』K nyane A. S. Pushkina (1827) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤズイコフ
やずいこふ
Николай Михайлович Языков Nikolay Mihaylovich Yazkov
(1803―1846)

ロシアの詩人。地主貴族の出。デルプト大学哲学部に学ぶ。文壇への登場は1819年。詩人としての活動は二期に分かれる。20年代のデルプト期は「喜びと酔い」の時代で自由、酒宴、友情、恋を賛美する作品が多い。第二期の30年代以降は、29年の重病を経て「酒場から教会への道」をたどり、モスクワで知ったスラブ主義者の影響をとどめる平凡な作品が目だつが、詩想が高揚したときには頌詩(しょうし)風の最上の作品『地震』(1844)ほかを書いた。代表作の『ミューズ』(1829)、『祈り』(1835)には、大胆で新しい用語法、巧みな構成、響きのよさなどの特徴がみられる。[島田 陽]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤズイコフの関連キーワードフルスクリーン宇野億中シンビルスク駅ビルクリーンビルヘルスクラブファッションビルノボシビルスク[諸島]ボアンビルアンビルデビル (anvil devil)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone