コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマハゼ

百科事典マイペディアの解説

ヤマハゼ

ハゼノキ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマハゼ
やまはぜ / 山櫨
[学]Rhus sylvestris Sieb. et Zucc.

ウルシ科の落葉小高木。高さ約6メートルに達する。葉は互生し、奇数羽状複葉。小葉は4~7対、楕円(だえん)形または披針(ひしん)状長楕円形で長さ5~7センチメートル、全縁で先は鋭くとがり、両面に短毛を散生する。秋の紅葉は鮮やかである。雌雄異株。初夏、円錐(えんすい)花序を腋生(えきせい)し、小さな黄緑色花を多数開く。萼片(がくへん)、花弁は各5枚。雄花は雄しべが5本、雌花は退化した雄しべ5本と雌しべが1本ある。核果は扁卵(へんらん)形で径8~9ミリメートル、表面は滑らかである。ハゼノキ(リュウキュウハゼ)に似るが、葉や枝に毛を散生する。山地の林内に生え、関東地方以西の本州から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。材は鮮黄色で、器具に用いるほか黄色の染料とする。[古澤潔夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤマハゼの言及

【ハゼノキ】より

…根は止血,血尿の治療に用いられる。本種に似て若枝,葉裏に毛のあるものがヤマハゼR.sylvestris Sieb.et Zucc.で,日本(東海以西~九州),台湾,中国に分布する。【初島 住彦】
[日本における栽培と利用]
 黄櫨(きはぜ)(ハゼノキ)から製する蠟が中国から日本へ到来したのは室町時代で,同時にその製法も伝えられた。…

※「ヤマハゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤマハゼの関連キーワード櫨の木・黄櫨ラッコール藪漆負木黄櫨

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤマハゼの関連情報