コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤワタソウ Peltoboykinia tellimoides (Maxim.) Hara

2件 の用語解説(ヤワタソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤワタソウ【Peltoboykinia tellimoides (Maxim.) Hara】

谷沿いの湿った林床に生えるユキノシタ科多年草イラスト)。根茎は短く,肥厚し,長い柄をもつ大型の根出葉がある。葉身は楯状につき,円形または卵円形,直径20~30cm,7~13浅裂し,基部はやや深く切れ込み,ふちには低い鋸歯がある。5~7月,高さ30~60cmの花茎を出し,先に集散花序をつくって淡黄色の花をつける。花茎には普通2枚の短い柄をもつ葉が互生する。萼筒は浅い鐘形で,直径5~8mm,下半部は子房と合着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤワタソウ
やわたそう
[学]Peltoboykinia tellimoides (Maxim.) Hara

ユキノシタ科の多年草。根茎は肥厚して短く、長い柄をもつ大形の根出葉がある。葉は盾状につき、直径20~30センチメートルで7~13に浅裂する。5~7月、高さ30~60センチメートルの花茎を出し、先に集散花序をつけ、淡黄色の花をつける。萼(がく)裂片は5枚、鋭頭の三角形で直立する。花弁は5枚、短腺毛(せんもう)が密生し、萼裂片よりはるかに長いへら形で、上部に少数の鋭い鋸歯(きょし)がある。雄しべは10本。子房は半下位。(さくか)は2本の花柱の間で裂け、多数の種子を出す。本州中部以北の、谷沿いの湿った林床に分布する。近縁種のワタナベソウは、葉が7~9に中深裂し、四国、九州の深山に分布する。[若林三千男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤワタソウの関連キーワード色丹草大文字草猫の目草山紫陽花八幡草雪の下栗葉蘭小紫陽花高野蕨チャルメル草

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone