コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤワタソウ(英語表記)Peltoboykinia tellimoides (Maxim.) Hara

世界大百科事典 第2版の解説

ヤワタソウ【Peltoboykinia tellimoides (Maxim.) Hara】

谷沿いの湿った林床に生えるユキノシタ科多年草(イラスト)。根茎は短く,肥厚し,長い柄をもつ大型の根出葉がある。葉身は楯状につき,円形または卵円形直径20~30cm,7~13浅裂し,基部はやや深く切れ込み,ふちには低い鋸歯がある。5~7月,高さ30~60cmの花茎を出し,先に集散花序をつくって淡黄色の花をつける。花茎には普通2枚の短い柄をもつ葉が互生する。萼筒は浅い鐘形で,直径5~8mm,下半部は子房合着する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤワタソウ
やわたそう
[学]Peltoboykinia tellimoides (Maxim.) Hara

ユキノシタ科の多年草。根茎は肥厚して短く、長い柄をもつ大形の根出葉がある。葉は盾状につき、直径20~30センチメートルで7~13に浅裂する。5~7月、高さ30~60センチメートルの花茎を出し、先に集散花序をつけ、淡黄色の花をつける。萼(がく)裂片は5枚、鋭頭の三角形で直立する。花弁は5枚、短腺毛(せんもう)が密生し、萼裂片よりはるかに長いへら形で、上部に少数の鋭い鋸歯(きょし)がある。雄しべは10本。子房は半下位。(さくか)は2本の花柱の間で裂け、多数の種子を出す。本州中部以北の、谷沿いの湿った林床に分布する。近縁種のワタナベソウは、葉が7~9に中深裂し、四国、九州の深山に分布する。[若林三千男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android