コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤンブリコス Iamblichos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤンブリコス
Iamblichos

[生]250頃.カルキス
[没]330頃
新プラトン派の哲学者でシリア派の創始者。アナトリオス,ポルフュリオスに学び,のちにシリアのアパメイアに哲学学校を創設。プラトン哲学,新プラトン主義の基礎の上に,すなわち自然学,倫理学,形而上学の研究を通じて哲学と神秘学の新しい結合を企て,あらゆる宗教的儀式,神話,神々を包摂しうる総合的多神教的神学の形成を試みた。新プラトン派の宗教ではこれによって神秘的呪術的色彩が強められることになった。主著『ピタゴラスの生涯』 Peri tou Pythagorou biou。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤンブリコス
やんぶりこす
Iamblichos
(250ころ―330ころ)

新プラトン派の哲学者。シリアのカルキスの人。ポルフィリオスに学び、シリアのアパメアに新プラトン主義哲学の一派を開いた。宗教的な傾向が強く、新プラトン主義哲学を古代多神教の哲学的な基礎づけとして用いた。[加藤信朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤンブリコスの言及

【イアンブリコス】より

…シリアのカルキスに生まれた新プラトン派の哲学者。ヤンブリコスとも呼ぶ。ローマに遊学してポルフュリオスの門下に入り,後に故郷に帰ってシリア派を創立した。…

※「ヤンブリコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤンブリコスの関連キーワードテオドロス[アシネ]アリストテレス学派イアンブリコス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android