コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤンブリコス ヤンブリコス Iamblichos

2件 の用語解説(ヤンブリコスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤンブリコス
ヤンブリコス
Iamblichos

[生]250頃.カルキス
[没]330頃
プラトン派の哲学者でシリア派の創始者。アナトリオス,ポルフュリオスに学び,のちにシリアのアパメイアに哲学学校を創設。プラトン哲学,新プラトン主義の基礎の上に,すなわち自然学,倫理学,形而上学の研究を通じて哲学と神秘学の新しい結合を企て,あらゆる宗教的儀式,神話,神々を包摂しうる総合的多神教的神学の形成を試みた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤンブリコス
やんぶりこす
Iamblichos
(250ころ―330ころ)

新プラトン派の哲学者。シリアのカルキスの人。ポルフィリオスに学び、シリアのアパメアに新プラトン主義哲学の一派を開いた。宗教的な傾向が強く、新プラトン主義哲学を古代多神教の哲学的な基礎づけとして用いた。[加藤信朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤンブリコスの言及

【イアンブリコス】より

…シリアのカルキスに生まれた新プラトン派の哲学者。ヤンブリコスとも呼ぶ。ローマに遊学してポルフュリオスの門下に入り,後に故郷に帰ってシリア派を創立した。…

※「ヤンブリコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤンブリコスの関連キーワードアルキル基カルキカルキスマルキストカルキ島クロールカルキ聖サルキス修道院マルサルキスエンジェルキスPKS 2000-330

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone