コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤーベルク ヤーベルク Jaberg, Karl

2件 の用語解説(ヤーベルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤーベルク
ヤーベルク
Jaberg, Karl

[生]1877.4.24. ランゲンタール
[没]1958. ベルン
スイスの言語学者。ベルン大学ロマンス語学教授。ロマンス語派を中心とする言語地理学,意味論,形態論の研究にすぐれた業績を上げている。主著『言語地理学』 Sprachgeographie (1908) ,『研究手段としての言語地図』 Der Sprachatlas als Forschungsinstrument (28,J.ユートと共著) ,『言語の地理的諸相』 Aspects géographiques du langage (36) ,『イタリア・南スイス言語民俗地図』 Sprach-und Sachatlas Italiens und der Südschweiz (8巻,28~40,ユートと共著) ,『スイスのフランス語域の方言語彙』 Rapports du glossaire des patois de la Suisse romande (42~48,ユートと共著) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤーベルク
やーべるく
Karl Jaberg
(1877―1958)

スイスの言語地理学者ジリエロンの弟子で、ユートJ. Judらとともにイタリア全土と南スイスで方言調査を行い、言語・民俗地図集として刊行した。さらに、言語地理学について理論的にまとめ、「単語はそれぞれ固有の歴史をもつ」ことを指摘した。単語の地理的分布から過去の変化を探るに際しては、名と物Wrter und Sachenの関係を重んじ、実物の種類や変遷をも考慮に入れた。また、方言調査資料のみに頼るのではなく、過去の文献資料をも活用して、研究の視野を広めた。単語の意味変化についてまとめた功績も大きい。[井上史雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤーベルクの関連キーワード佐藤玄々スヘーフェニンゲンプランタークランタータンロートリンゲンテヘラン宣言インターカラントオタワ・ナショナル・アーツ・センター管弦楽団にんげん家族モンスターハンター4

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone