コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユドヨノ ユドヨノ Yudhoyono, Susilo Bambang

2件 の用語解説(ユドヨノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユドヨノ
ユドヨノ
Yudhoyono, Susilo Bambang

[生]1949.9.9. パチタン
インドネシアの政治家。大統領(在任 2004~ )。貴族階級出身の裕福な家庭に生まれた。1973年に士官学校を卒業後,父親にならって陸軍に入隊。1980年代初めにアメリカ陸軍歩兵将校上級課程を修了,1991年にアメリカ陸軍指揮幕僚大学に学ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユドヨノ
ゆどよの
Susilo Bambang Yudhoyono
(1949― )

インドネシアの政治家。東ジャワ州パチタン県出身。1973年、国軍士官学校を首席で卒業。1990年、アメリカ陸軍指揮幕僚大学に留学し、翌1991年、ウェブスター大学で経営学修士号を取得した。1996年、インドネシア陸軍ジャカルタ軍管区参謀長に就任。国権の最高機関である「国民協議会」副議長、国軍領域参謀長を歴任し、1999年10月、ワヒド政権で鉱業エネルギー相。2000年8月には同政権で調整相(政治・社会・治安担当)に就任したが、2001年6月、政治資金疑惑をめぐる弾劾審議を拒否したワヒド大統領と対立、解任された。
 2001年8月、メガワティ政権でふたたび調整相(政治・治安担当)で復活したが、2004年3月、大統領再選を狙うメガワティとの確執が強まり、辞職した。同年7月、インドネシア初の直接選挙による大統領選に立候補。メガワティとの決選投票に持ち込まれたが、9月の投票で圧勝し、10月、第6代大統領に就任した。2005年8月には、スマトラ島のナングロ・アチェー・ダルサラム州の分離独立を目ざす武装組織「自由アチェ運動(GAM)」と和平合意。テロ対策にも力を注いでいる。2009年7月大統領再任。[金子 亨]
『松井和久、川村晃一編著『インドネシア総選挙と新政権の始動―メガワティからユドヨノへ』(2005・明石書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユドヨノの関連キーワードパチタン文化N二酸化チタンぱちん嘘っぱち炭化チタンPATi・PATiチタン鉄鉱岩スーパーチタンチタン鉱物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユドヨノの関連情報