コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニット・ロード・システム unit load system

1件 の用語解説(ユニット・ロード・システムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユニット・ロード・システム【unit load system】

物的流通活動において,荷役,輸送,保管の全体的なコスト削減のため,発地から着地まで途中で荷崩しをすることなく一定の方法で輸送し,保管するシステム。1960年代以降急速に世界的規模で広がった。物的流通システムは,輸送,保管,通信ネットワークなどが総合的なシステムとして機能する必要がある。このシステムをどのように確立するかによって物的流通コストは大きく変化する。輸送を能率的にするシステムと保管を機能的にするシステムとは同じではないので,物的流通活動の全領域にわたって効率化が追求されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユニット・ロード・システムの関連キーワード卸売業埠頭流通産業パレチゼーション商流(商的流通)物流(物的流通)荷役JILS物的流通流通保管

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユニット・ロード・システムの関連情報