コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユロージビー yurodivye

1件 の用語解説(ユロージビーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユロージビー【yurodivye】

ロシアの修道生活に現れた遍歴の佯狂(ようきよう)行者。東方キリスト教の修道生活においては,修行のために完全な孤独を求め,隠修士の生活がひとつの理想とされたが,世俗の生活にあっても狂人をよそおえば完全な孤独が得られるとの考えが生まれた。キリストへの愛のために常識はずれの奇妙な生活態度をとったり,狂人のふりをする修道士はギリシア語サロイsaloiと呼ばれ,東方,特にシリアに多数現れた。代表的人物は,6世紀のエジプトの隠修士シメオンサロスSymeōn Salos,また祈禱の際に聖母マリアが出現したとの伝説で名高い10世紀前半のコンスタンティノープルのスキタイ人アンドレアス・サロスAndreas Salosである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユロージビーの関連キーワードクルス修道院修道士修道女小ロシアオロシャピリタ修道院佯狂ロシアの恋人フェラポントフ修道院群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone