コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユロージビー yurodivye

世界大百科事典 第2版の解説

ユロージビー【yurodivye】

ロシアの修道生活に現れた遍歴の佯狂(ようきよう)行者。東方キリスト教の修道生活においては,修行のために完全な孤独を求め,隠修士の生活がひとつの理想とされたが,世俗の生活にあっても狂人をよそおえば完全な孤独が得られるとの考えが生まれた。キリストへの愛のために常識はずれの奇妙な生活態度をとったり,狂人のふりをする修道士はギリシア語でサロイsaloiと呼ばれ,東方,特にシリアに多数現れた。代表的人物は,6世紀のエジプトの隠修士シメオン・サロスSymeōn Salos,また祈禱の際に聖母マリアが出現したとの伝説で名高い10世紀前半のコンスタンティノープルのスキタイ人アンドレアス・サロスAndreas Salosである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android