コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユールスナール Marguerite Yourcenar

1件 の用語解説(ユールスナールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユールスナール【Marguerite Yourcenar】

1903‐87
フランス女流作家。本名Marguerite de Crayencour。ベルギー人の母を当歳で失い,父に育てられた。幼時からヨーロッパ各地のみならず,ギリシア中近東にまで旅し,広く深い古典的教養を身につけた。処女作は《アレクシ,あるいは空しい戦いについて》(1929)。第2次大戦前《火》(1936),《とどめの一撃》(1939)などを発表したが,文名を世界的に確立したのは《ハドリアヌス帝の回想》(1951)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ユールスナールの関連キーワードプラット修正ロシア映画キュリーククルイニクスイ幸徳秋水ブライアンアクリーションマグマ・ストーピングイラーセクイリンデン蜂起

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone