神秘(読み)シンピ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]《古くは「じんぴ」とも》人間の知恵では計り知れない不思議なこと。普通の認識や理論を超えたこと。また、そのさま。「宇宙の神秘を探る」「神秘な美」
[派生]しんぴさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
古くはじんぴとも
人間の知恵でははかり知ることのできない・こと(さま)。 自然の- -なものを感ずる
[派生] -さ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは「じんぴ」とも)
① (━する) 神業(かみわざ)として秘めておくこと。
※本福寺跡書(1560頃)「この家根本の神職の家たれば、神秘(シンヒ)に巨細可有」
※日葡辞書(1603‐04)「Iinpiuo(ジンピヲ) アラワス〈訳〉カミが秘密を明らかにする。あるいは、他の者が神にかわって秘密を明らかにする」 〔史記索隠‐蘇秦伝〕
② (形動) 人の知恵でははかり知れない、霊妙不思議な秘密。ふつうの理論や認識を超えた事柄。また、そのさま。
※源平盛衰記(14C前)一九「此の法師は神秘(ジンヒ)ある者也」
※桐の花(1913)〈北原白秋〉白猫「何たる神秘、落ちついた真青な輝き…」 〔梁武帝‐遊仙詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神秘の関連情報