ヨアンニス プシハリス(英語表記)Gioannes Psychares

20世紀西洋人名事典の解説


1854 - 1929
ギリシア作家
フランス言語学を学び、純正語派と民衆派争いである現代ギリシャの言語問題に、科学的方法を導入し、国語としての民衆語正当性を多くの論文で主張した。1888年民衆語を用いた代表作「私の旅」を発表し、後世に多大な影響を与えた。作品は他に「ばらりんご」(1902〜09年)等多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android