ヨアンニス プシハリス(英語表記)Gioannes Psychares

20世紀西洋人名事典「ヨアンニス プシハリス」の解説

ヨアンニス プシハリス
Gioannes Psychares


1854 - 1929
ギリシア作家
フランス言語学を学び、純正語派と民衆派争いである現代ギリシャの言語問題に、科学的方法を導入し、国語としての民衆語正当性を多くの論文で主張した。1888年民衆語を用いた代表作「私の旅」を発表し、後世に多大な影響を与えた。作品は他に「ばらりんご」(1902〜09年)等多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android