コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネスブルク ヨハネスブルクJohannesburg

翻訳|Johannesburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネスブルク
Johannesburg

南アフリカ共和国北東部,ハウテン州の州都。標高約 1740~1810mのウィットウォーターズランドの南斜面に位置。国内最大の都市で商業中心地。1886年以降のウィットウォーターズランドのゴールドラッシュに起源をもち,急速に発展。世界的な産金地帯の中心都市で,金属,機械,化学などの工業も盛ん。市街は第2次世界大戦前後に北および北西に拡大し,大都市圏を形成。白人のための近代的な都市計画が行なわれ,中央部に商店街,市場,証券取引所,商社ビル,市庁,官庁街などが集中。大寺院,博物館,ウィットウォーターズランド大学,公園,劇場などの文化施設も多い。1913年先住民土地法の施行以後,アパルトヘイトによるアフリカ人居住区が郊外に設定され,1976年ソウェト地区で暴動が起こった(→ソウェト蜂起)。周辺のスプリングスラントフォンテーンなどと連接し,大都市圏を形成している。都市圏人口 328万8000(2005推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ヨハネスブルク(Johannesburg)

南アフリカ共和国北東部、ハウテン州にある鉱業都市。1886年の金鉱発見以来発展し、鉄鋼などの工業や商業も盛んで、同国の経済の中心地。人口、都市圏389万(2007)。ヨハネスブルグヨハネスバーグ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨハネスブルクの関連情報