ヨハネス11世(読み)ヨハネスじゅういっせい(英語表記)Johannes XI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス11世
ヨハネスじゅういっせい
Johannes XI

[生]910?. ローマ
[没]935.12./936.1. ローマ
ローマ出身の第125代教皇(在位 931~935/936)。当時ローマの支配権を握っていたクレスケンチウス家のマロツィアの息子で,マロツィアの愛人だったとされる教皇セルギウス3世(在位 904~911)が父親と考えられている。931年2月,または 3月に登位した。母親の政治的目的に尽くしたが,932年もしくは 933年,異父兄弟のアルベリック2世(父親はスポレト公アルベリック1世)が,マロツィアを失脚させてローマのサンタンジェロ城に幽閉し,ヨハネス11世もラテラノ宮殿に監禁された。そこで捕われの身のまま死を迎えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android