コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネス18世(19世) ヨハネスじゅうはっせい[じゅうきゅうせい]Johannes XVIII (XIV)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネス18世(19世)
ヨハネスじゅうはっせい[じゅうきゅうせい]
Johannes XVIII (XIV)

[生]?. ローマ
[没]1009.6./1009.7. ローマ
ローマ出身の第141代教皇在位 1003~09)。本名 Fasano。先代の教皇ヨハネス17世(18世。在位 1003.6.~12.)と同様,当時ローマで権力を握っていた貴族ヨハネス・クレスケンチウス3世の意向を受け選出された。ヨハネス17世(18世)よりもクレスケンチウス家と距離をおいていた。退位の理由は定かではなく,退位後まもなくローマのサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂の修道院で死去した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヨハネス18世(19世)の関連キーワードセルギウス4世

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android