ヨハン・フリードリヒ・ヴィルヘルム・アドルフ・フォン バイヤー(英語表記)Johann Friedrich Wilhelm Adolf von Baeyer

20世紀西洋人名事典の解説

ヨハン・フリードリヒ・ヴィルヘルム・アドルフ・フォン バイヤー
Johann Friedrich Wilhelm Adolf von Baeyer


1835.10.31 - 1917.8.20
ドイツの有機化学者。
元・ミュンヘン大学教授。
ベルリン生まれ。
プロイセンの将軍の子として生まれ、ハイデルベルグ大学でブンゼンケクレに師事。1958年ベルリン大学に移り、同大学で学位を取得。1860年ベルリンの工業学校教師となり、以後、1864年ベルリン、1872年シュトラスブルク、1875年ミュンヘンの各大学教授を歴任。この間、染料インジゴ構造解明・合成、ヒドロ芳香族研究を行ったほか、環式炭化水素の原子価張力説を提唱する。1905年これらの功績に対してノーベル化学賞が贈られた。門下からはE.フィッシャー、C.T.リーバーマンなどの優れた有機化学者が輩出。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android