ヨーロッパ南天天文台(読み)ヨーロッパナンテンテンモンダイ

デジタル大辞泉の解説

ヨーロッパ‐なんてんてんもんだい【ヨーロッパ南天天文台】

ドイツ、フランス、オランダスウェーデン、イタリアなど、ヨーロッパ14か国、およびブラジルで共同運営される国際組織。本部はドイツのミュンヘン郊外。主力観測設備として、南米チリの超大型光学赤外線望遠鏡VLT、および日本も国際協力で建設に参加したアルマ望遠鏡などがある。欧州南天天文台ESO(イーソ)(European Southern Observatory)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパ南天天文台
よーろっぱなんてんてんもんだい
European Southern Observatory

20世紀前半にパロマー山天文台(アメリカ、カリフォルニア州)などが建設され、北天の観測が進んだのに比べ、手薄だった南天の観測を目ざして1962年に設立されたヨーロッパの国際天文台機構。略称ESO(イーソ)
 当初5か国で発足したが、2018年時点では欧州15か国(オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス)が参加。本部はミュンヘン郊外のガルヒングにあり、南米チリのアンデス山脈に複数の天文台を設置し、運用している。
 1966年にチリ北部のラシヤ山(標高2400メートル)に天文台を開設し、口径3.6メートルの望遠鏡など10台以上を1980年代までに建設した。その後、さらに北部にあるパラナル山(標高2600メートル)に8.2メートル望遠鏡4台からなる超大型望遠鏡VLT(Very Large Telescope)を建設し、1998年から南の宇宙の観測をリードした。
 2013年には、日米欧の国際共同事業としてアタカマ高地(標高5000メートル)に66台の電波望遠鏡からなる電波干渉計ALMAが完成し、運用されている。
 ESOは2024年頃の完成を目ざして口径39メートルの超大型望遠鏡ELT(Extremely Large Telescope)の建設を構想している。[家 正則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヨーロッパ南天天文台の言及

【天文台】より

…チェコスロバキアのオンドレーヨフ天文台には,1967年に口径2mの反射望遠鏡が完成した。ヨーロッパ南天天文台(略称ESO)は,ドイツ,フランス,オランダ,スウェーデン,ベルギー,デンマーク,イタリアの7ヵ国からなる連合組織で,本部はドイツのミュンヘン郊外のガルヒンクにある。天文台は南アメリカのチリのラ・シヤにあり,3.6m,1.5m,1mの3反射望遠鏡と1mのシュミット望遠鏡があり,目覚ましい活動を続けている。…

※「ヨーロッパ南天天文台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨーロッパ南天天文台の関連情報