コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライガー(英語表記)liger

翻訳|liger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライガー
liger

食肉目ネコ科。ライオンと雌トラとの種間雑種。体にトラのような縞をもち,頭には雄ライオンのようなたてがみを生じる。親の種よりも体色は濃く,体は大きくなる傾向がみられる。ネコ科の種間雑種として,ほかにレオポンタイゴン (雄トラと雌ライオンの種間雑種) などがある。なお,これらの種間雑種は両種の習性の違いから,自然界で生れる可能性はほとんどない。すべて動物園での人工繁殖により生れたものであり,基本的に種間雑種は繁殖能力をもたない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライガー
らいがー
liger

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の一代雑種。雄ライオンと雌トラとの間にできる。その逆に、雄トラと雌ライオンの間にできるのがタイゴンである。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のライガーの言及

【受精】より

…異種間受精で個体形成に至る例としては,雌ウマと雄ロバの間に生ずるラバmule,雌ロバと雄ウマとの間に生ずる駃騠(けつてい)hinnyが有名である。そのほか,ヒョウの雄とライオンの雌の間に生じたレオポンや,ライオンの雄とトラの雌の間に生じたライガー,またはトラの雄とライオンの雌の間にできるタイゴンの誕生もときおり報道される。興味深い例としては,ギンブナの未受精卵は,異種のドジョウ精子で活性化されて,単為発生を引き起こす。…

【トラ(虎)】より

… トラとライオンの間には,飼育下でときに種間雑種が生まれることがある。トラの雄とライオンの雌の間にできたものはタイゴンtigon,逆の場合はライガーligerと呼ばれる。 トラはふつう人を襲わないが,けがをしたり,老齢で獲物をとれなくなったようなトラ,あるいは急速に獲物が減少した地域にすむトラなどは,攻撃されて傷を負うと狂暴になり,〈人食いトラ〉になることがある。…

※「ライガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android