コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライニス Jānis Rainis

大辞林 第三版の解説

ライニス【Jānis Rainis】

1865~1929) ラトビアの詩人。長い流刑と亡命の生活ののち、1920年に帰国。詩集「嵐を蒔く」「終わりと初め」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ライニス【Jānis Rainis】

1865‐1929
ラトビア詩人,社会運動家。妻のアスパジヤAspazija(1868‐1943)とともにラトビアを代表する詩人。本名はプリエクシャーンスPliekšānsで,ライニスはペンネーム。小作農民の子として生まれ,リガの中学を卒業後,1884‐88年ペテルブルグ大学法学部に学ぶ。その間,哲学,歴史,フォークロアを広く研究し,作家としての素地を培った。リガに戻るや,帝政ロシアからのラトビアの独立を求めて社会運動に参加,91‐95年日刊紙《ディエナス・リエパDienas Liepa》を編集する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライニス
らいにす
Jnis Rainis
(1865―1929)

ラトビアの詩人。本名プリエクシャーンスPliekns。小作農民の家に生まれる。ペテルブルグ大学法学部に学んだのちリガに戻り、帝政ロシアからのラトビア独立運動に参加、日刊紙の編集に携わった。1897年官憲に捕らわれ、1905年脱獄、スイスに亡命。ラトビア独立後帰国、20年以後国会議員、国立劇場支配人、文部大臣を歴任した。代表作に史劇『火と夜』(1905)、革命の詩『アベ・スオル!』(1910)、詩劇『風よ吹け』(1913)、『われは奏で、踊った』(1919)、史劇『リガの魔女』(1928)などがあり、77年刊行開始の全集は30巻を数える。妻のアスパジャAspazija(1868―1943)も詩人として知られる。[中本信幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のライニスの言及

【リガ】より

… 1918年独立国ラトビアの誕生(全土掌握は1920年)とともにリガは初めて原住民ラトビア人の首都となり,民族文化を開花させた。国民作家ライニスや民族音楽の作曲家メディンシュJanis Mediņš(1890‐1966)はその代表である。19年ラトビア最初の大学リガ大学が創設され,エンゼリンスJanis Endzelīns(1873‐1961)は《ラトビア語辞典》6巻を完成,標準語の確立に努めるかたわら,《ラトビア歌謡集》12巻を編纂,民族意識の高揚に大きく寄与した。…

※「ライニス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ライニスの関連キーワードマルゲル ザーリニ9月11日亡命詩集帰国

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android