コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライネッケ ライネッケ Reinecke, Carl Heinrich Carsten

2件 の用語解説(ライネッケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライネッケ
ライネッケ
Reinecke, Carl Heinrich Carsten

[生]1824.6.23. アルトナ
[没]1910.3.10. ライプチヒ
ドイツピアニスト,作曲家,指揮者。音楽教師の父に学び,1836年にデビュー。のちライプチヒに行き,シューマンメンデルスゾーンに師事した。 46~48年にはコペンハーゲンクリスティアン8世の宮廷ピアニストをつとめ,ケルン,バルメン,ブレスラウなどで教師や指揮者をしたのち,60年からライプチヒ・ゲバントハウス管弦楽団の指揮者を 35年間つとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ライネッケ

ドイツの作曲家。音楽教師をしていた父親から音楽の手ほどきを受けた。12歳でピアニストとしてデビューを果たしている。モーツァルトの演奏に長けており、ピアノ協奏曲のためのカデンツァも残している。父親と同 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライネッケの関連キーワード基底合同リー群エヌ三角数n-6脂肪酸ラプラスの継続の法則ラプラスの連続の法則べき根(冪根)Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライネッケの関連情報