コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライヘンバッハ Hans Reichenbach

大辞林 第三版の解説

ライヘンバッハ【Hans Reichenbach】

1891~1953) ドイツ生まれの哲学者。アメリカに亡命。カルナップとともに論理実証主義の代表者。時間・空間論、確率論理学、量子力学の哲学などの研究で知られる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライヘンバッハ
らいへんばっは

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ライヘンバッハの関連キーワードニッポニアニッポン論理実証主義マイリンゲン2月12日8月24日セルロイド確率論理学カルナップ9月26日統一科学量子力学

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライヘンバッハの関連情報