コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライヘンバハ ライヘンバハ Reichenbach, Hans

6件 の用語解説(ライヘンバハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライヘンバハ
ライヘンバハ
Reichenbach, Hans

[生]1891.9.26. ハンブルク
[没]1953.4.9. ロサンゼルス
ドイツ生れのアメリカ科学哲学者。 1926年ベルリン大学助教授,その後ナチスに追われ 33年トルコイスタンブール,さらにアメリカに渡り,38年カリフォルニア大学教授。ウィーン学団中心人物の一人。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ライヘンバハ
ライヘンバハ
Reichenbach

ドイツ東部,ザクセン州の都市。ツウィッカウの南西約 20kmに位置する。 1271年に都市権獲得。 15世紀に毛織物の製造が始められ,現在も繊維工業の中心。繊維技術学校がある。人口2万 5178 (1980) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ライヘンバハ(Hans Reichenbach)

[1891~1953]ドイツ生まれの哲学者。論理実証主義の運動と密接なかかわりをもち、米国に渡って科学哲学の発展に貢献、特に確率論理学を研究した。著「確率論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ライヘンバハ

ドイツの哲学者。論理実証主義の代表者の一人。1926年ベルリン大学教授。ナチス政権樹立とともに国外にのがれ,1938年カリフォルニア大学教授。相対性理論量子力学,確率論の基礎づけなどで知られる。
→関連項目ウィーン学団

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ライヘンバハ【Hans Reichenbach】

1891‐1953
ドイツ生れの哲学者。ベルリン大学で,いわゆるベルリン・グループの中心人物として,論理実証主義の発展に寄与した。後にアメリカへ渡り,カリフォルニア大学で哲学の教授を務める。業績は多岐にわたるが,確率論,帰納法,時間‐空間論,量子力学,法則命題などに関する科学哲学で著名である。彼はまた自然言語の論理的分析をも行い,モンタギュー文法などの先駆をもなしている。【黒崎 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライヘンバハ
らいへんばは
Hans Reichenbach
(1891―1953)

ドイツ、ハンブルク生まれの科学哲学者。1920~1930年代を通じて、論理実証主義の運動と密接なかかわりをもち、1938年にアメリカに渡って、科学哲学の発展に大きな役割を果たした。彼の仕事は科学哲学のほぼ全域にわたっている。科学の方法論においては、相対頻度の極限として確率を解釈することによる帰納法の基礎づけを提唱した。相対性理論を中心として空間・時間の諸問題を検討した『空間と時間の哲学』Philosophie der Raum-Zeit-Lehre(1928)は、この分野の古典である。量子力学の基礎においては、真偽のほかに「不定」という値をもつ三値論理による解釈を提起した『量子力学の哲学的基礎』Philosophical Foundations of Quantum Mechanics(1944)がある。[飯田 隆]
『H・ライヘンバッハ著、市川三郎訳『科学哲学の形成』(1954/新装版・1985・みすず書房) ▽H・ライヘンバハ著、藤田孫太郎訳注『物質について』(1958・大学書林) ▽H・ライヘンバッハ著、石本新訳『記号論理学の原理』(1982・大修館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のライヘンバハの言及

【論理実証主義】より

…その主要メンバーとしては,シュリックのほか,哲学者のクラフトV.Kraft,物理学者(後に哲学者)のカルナップ,フランクP.Frank,数学者のメンガーK.Menger,ゲーデル,社会科学者のノイラートなどがあげられる。これとほぼ時を同じくして,ベルリンにライヘンバハを中心に〈経験哲学協会Die Gesellschaft für empirische Philosophie〉が設立され,これと協同して30年に機関誌《認識(エルケントニス)》を発刊し,この論理実証主義の思想は世界に広まっていくことになる。これに呼応して,コペンハーゲンのヨルゲンセンJ.Jörgensen,シカゴのC.W.モリス,ワルシャワの論理学者たちがこの思想の共鳴者となる。…

※「ライヘンバハ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ライヘンバハの関連キーワードジンメルツェルメロディルタイドイッセンルスカヘンペルベルリンタワーシュテルンベルグブラッヒャーヘーニッシュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone