コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウファー Berthold Laufer

デジタル大辞泉の解説

ラウファー(Berthold Laufer)

[1874~1934]米国の東洋学者・人類学者。ドイツ生まれ。東部シベリア・中国・チベットを調査して多くの民俗・人類学資料を収集。また、東洋諸語に精通し語彙比較研究を行った。著「中国イラン文化交通」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ラウファー

米国の東洋学者,人類学者。ドイツのケルンに生まれ,1898年渡米。探検隊を率いて,アムール川流域,中国,チベット,モンゴルなど各地に赴き,民族学関係の文献資料を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラウファー【Berthold Laufer】

1874‐1934
アメリカの人類学者,東洋学者。ドイツのケルンに生まれ,ライプチヒ大学博士号を取り(1897),翌年渡米。ジェサップ探検隊を率いてサハリン島やアムール川流域住民の調査を行い(1898‐99),中国で民族学資料を収集した(1901‐04)。アメリカ自然史博物館助手,コロンビア大学講師を経て,シカゴのフィールド博物館に務め(1908),1915年よりそこの人類学部長。この間,2度中国に渡り(1908‐10,1923),アメリカ東洋学会の会長を務めた(1930‐31)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ラウファー【Berthold Laufer】

1874~1934) ドイツ生まれのアメリカの東洋学者・人類学者。中国やチベットを踏査し、言語・金石文・美術・民俗など広範で精密な考証を残す。著「漢代陶器考」「中国イラン文化交流考」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ラウファーの関連キーワード10月11日金石文考証

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android