コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウリオン Laurion

2件 の用語解説(ラウリオンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラウリオン【Laurion】

ギリシア本土アッティカ地方の南東部を占め,古代において地中海世界有数の銀鉱を擁した地域。ラウレイオンLaureionラウリウムLauriumともいう。今なお鉱坑と選鉱場の遺跡が多数散在する。ラウリオン銀山採掘の歴史はミュケナイ時代からローマ時代に及ぶが,この地域に大鉱脈が発見された前483年から約半世紀の間と,前4世紀の後半とがその最盛期であった。その銀で鋳造された良質の銀貨に恵まれたことが,この時期のアテナイの経済的発展を支える一因をなしたと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラウリオン
らうりおん
Lvrion

ギリシア中部、アッティカ県の小都市。アッティカ半島南端のスーニオン岬の近くに位置する。英語名ラウリウムLaurium。古代には有名な銀鉱山の所在地として知られた。現在も鉛やマンガン鉱などを産出し、金属精錬業が立地する。港があり、鉄道で首都アテネと結ばれている。人口約8000。鉱山採掘の歴史は古く、とくにペイシストラトス以後盛んとなり、紀元前483年には豊かな鉱脈が発見された。膨大な資金を必要とする海軍を支え、アテネの繁栄に貢献したこの鉱山は国有で、入札により私人が採掘を請け負い、多くの場合、奴隷を労働力として用いた。ペロポネソス戦争末期に一時閉鎖され、前4世紀後半には復活するが、西暦紀元開始ごろ銀鉱脈は枯渇した。[中村 純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラウリオンの言及

【アテネ】より

…後背地としてのアッティカは,日本の佐賀県にほぼ匹敵する広さをもち,北方・北西方は山脈をへだてて,それぞれボイオティア,メガラに接し,南方・東方および南西方は海に囲まれている。この地方は地味に乏しく穀作に適しないため,古代においてはオリーブなどの果樹の栽培が盛んであったが,他面,半島南東隅のラウリオン地区に地中海世界屈指の銀鉱山を擁し,そこから産出する良質の銀が盛期アテナイの経済的繁栄を支える一因となった。今日でも,半島南端スーニオン岬近傍におよぶこの地区一帯に,おびただしく残された鉱坑・選鉱場・溶鉱炉の遺跡が,古代における銀鉱採掘の実状を伝えている。…

【貨幣】より

…これはアイギナ本位の始まりであるが,ついでエウボイア本位のカルキスの貨幣,これら諸国と比肩する交易国コリントスの貨幣(ペガソスの刻印),この3種が前7世紀ギリシア本土の主要なものであり,その他アテナイなども貨幣を造った。前6世紀とともに諸国の鋳貨は盛んになるが,ペイシストラトス時代のアテナイはラウリオン(ラウレイオン)銀山の銀を使って,注目すべき貨幣を造り出した。その4ドラクマ銀貨は両面に図像の刻印をした最初のものであり,表面にはアテナ神の頭部,裏面にはフクロウとオリーブを表したが,この刻印は以後のアテナイ貨幣の定めとなった。…

※「ラウリオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラウリオンの関連キーワードアテネ亀田半島ギリシアテーベネメシスベンガジギリシャ語アッティカ四谷スニオン岬

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone