コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラジウム障害 ラジウムしょうがい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラジウム障害
ラジウムしょうがい

1910~20年代のアメリカ夜光時計の文字板をつくる工員に骨肉腫が多発した例が有名である。ラジウムを少量含むケイ光塗料を筆につけ,筆先をなめながら仕事をしたため,ラジウムが骨に沈着し,骨髄炎とともに骨肉腫が生じたのである。ラジウム鉱山の鉱夫に肺癌が多いという報告もあり,これはラジウムが壊変して生じるラドンのガスを長期間吸入したことによる。強直性脊椎炎リウマチの治療のためにラジウムを注射した患者にも,骨肉腫が多発したという報告がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラジウム障害の関連キーワード新聞小説田岡嶺雲アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画明治日本の産業革命遺産有珠山Edward the Confessorウィルソン大逆事件

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone