ラジオイムノアッセイ(読み)らじおいむのあっせい(英語表記)radioimmunoassay

翻訳|radioimmunoassay

日本大百科全書(ニッポニカ)「ラジオイムノアッセイ」の解説

ラジオイムノアッセイ
らじおいむのあっせい
radioimmunoassay

ホルモンおよび生体活性物質などの量を測定する方法で、放射性免疫測定法ともいう。ホルモンの場合、放射性物質で標識したホルモンと標識されていないホルモンが、そのホルモンに対する抗体に結合する場合に競合をおこすことを利用して測定する。抗体および標識ホルモン量を一定にして非標識ホルモンの量を変化させると、非標識ホルモンの増加に伴って標識ホルモンの抗体に対する結合は抑制され、遊離標識ホルモン量が増加する。抗体に結合した標識ホルモンと遊離標識ホルモンとを種々の方法で分離し、そのいずれかの量を、放射活性を測定することによって知ることができる。この値と既知の非標識ホルモンの量との関係から標準曲線を作製する。未知の試量について得られる抗体結合標識ホルモン量または遊離標識ホルモン量を用いて標準曲線より未知の試量の量を計算する。ホルモンが比較的低分子の場合はタンパク質と結合させたものを用いて抗体を作製する。

[菊山 栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラジオイムノアッセイ」の解説

ラジオイムノアッセイ
radioimmunoassay; RIA

放射線免疫定量法。抗原あるいは抗体に放射性同位元素を結合させて,分析の対象となる物質あるいは抗体と抗原抗体反応を行わせることにより定量する分析法。血中インスリンの測定用に初めて開発され,アメリカの R.S.ヤローはこの研究で 1977年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。検体中に含まれる分析対象物質と一定量の標識物質が競合して抗原抗体複合物を形成する比率は,測定しようとする物質量によって異なるので,これが利用される。ほとんどのホルモン,各種蛋白質など,従来測定できなかった微量生体成分が,最近ではこの方法によって定量されている。1抗体法,2抗体法などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版「ラジオイムノアッセイ」の解説

ラジオイムノアッセイ
ラジオイムノアッセイ
radioimmunoassay

放射性免疫測定法ともいい,RIAと略記する.抗原抗体反応を利用する高感度定量法.抗原(ホルモンなど)を放射性同位体(RI)で標識しておき,その半量を結合するだけの抗体を加える.このとき,試料中に非標識の抗原があると,その量に応じて標識抗原の結合量が減るので,試料中の抗原濃度を知ることができる.RIのかわりに酵素標識を用いる測定法を,エンザイムイムノアッセイという.[別用語参照]ELISA(エライサ)

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典「ラジオイムノアッセイ」の解説

ラジオイムノアッセイ

 放射性元素で標識した抗原もしくは抗体を利用して抗原抗体反応によって微量の物質,特にホルモンなどを定量する方法.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android