コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテンアメリカ自由貿易連合 ラテンアメリカじゆうぼうえきれんごうLatin American Free Trade Association; LAFTA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテンアメリカ自由貿易連合
ラテンアメリカじゆうぼうえきれんごう
Latin American Free Trade Association; LAFTA

ヨーロッパ経済共同体 EECの結成に刺激を受けて,1961年6月の「モンテビデオ条約」により発足したアルゼンチンボリビア,ブラジル,チリコロンビアエクアドル,メキシコ,パラグアイ,ペルー,ウルグアイベネズエラの 11ヵ国から成る自由貿易地域域内貿易の自由化,産業補完協定などを通じて加盟国相互の発展を目指し,発足当初はある程度の成果を収めた。しかし域内各国の経済力の格差などから加盟国の足並みが乱れ,自由貿易地域完成の期限が最初の目標の 73年から 80年に延期されるとともに,69年にはボリビア,チリなど5ヵ国によりアンデス共同市場 ANCOMが結成された。こうした状況から 81年3月に LAFTA加盟国により新たなラテンアメリカ統合連合 ALADIが設立された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラテンアメリカ自由貿易連合
らてんあめりかじゆうぼうえきれんごう

1961年にラテンアメリカにおける自由貿易地域の実現を目的として発足。1981年改組され、ラテンアメリカ統合連合となった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラテンアメリカ自由貿易連合の関連キーワード近・現代ラテンアメリカ史(年表)南米南部共同市場アンデス共同体経済統合